« 観劇 「いとこ同志」 | トップページ | おかたづけ »

2005年5月24日 (火)

お手伝いさんありがとう

今日、電車で出かけた。久しぶりにひとりで乗る電車。

帰り蒸し暑いラッシュの車内で、頑張って読書をしていた。電車に乗っている時間はわずか20分。それでも車内読書はやめられない。

急行停車駅にて、一旦本を閉じ、乗客の出入りの波にもまれる。そのさなか、あれこれ雑事を思う。雨は止むかしら。洗濯物は濡れてないかしら。晩御飯の仕度はあーしてこーして。駅前の店でチョコクロ買ってこう。etcetc・・・。

すると、車内アナウンスが。

この先の駅(私が降車する駅!)の下り側線路にて、自動車が線路内で脱輪の為、下り電車が止まっている模様。しばらく停車しますのでお待ちください。

えーっ。

うそ~ん!

なんでなんでなんでなんでなんで???

急いでいる時に限ってアクシデントはやってくる。

雨降ってるるのに。洗濯だしっぱなのに。晩御飯なにも用意してないのに。そしてなにより

滅多に電車なんか乗らないのに!よりによってなんで今日のこの時間なのさ!

あせる気持ちとはうらはらに、レッカー車はなかなかやってこない模様。しとしと降る雨が、さらに気持ちを萎えさせる。

結局30分後に運転再開。

思ったより早く動きだしたけれど、あてにしていたデパートの閉店間際の値下げお値打ち品は間に合わず、開いているお店で慌てて買い物して帰った。雨に濡れながら・・・。

帰宅すると、もう相方はリラックスモード。お腹すかせてすっかり待たせてしまったので、あたふた。買ってきたものも早速テーブルにならべ、先に食べてて!とふとお風呂場を覗くと。

全ての洗濯物がきちんとハンガーにかけられ干してある。しかも乾燥室状態にした風呂場に。

さらにご飯が炊いてある。お湯も沸いている。

「すご~い。なあに、これやってくれたの?」

私は遊びに出かけていたのだから、仕事をして帰ってきた相方にこんなことさせて、悪かったなあと反省。

「洗濯はハンガーにかかってるし、ご飯もおいしく炊けてるし、すごいね。ありがとう!」

すると、相方。

「俺じゃないよ。お手伝いさんだよ」

「は?」

「こすると出てくるんだよ、お手伝いさん」

相方がそんなランプを持っているなんて、知らなかった。

お手伝いさん、助かりました。また、来てね。きっと来てね。ありがとう。

|

« 観劇 「いとこ同志」 | トップページ | おかたづけ »

コメント

ああ~どうしよう!
ものすごくじーんとしてしまったのですが!!

いいなぁ。
「ありがとう」と言われたゆきみさんも、「お手伝いさんだよ」と言われただんなさんもふたりともすごい、素敵だ。。

いいものを読ませていただいて、わたしもありがとうです。

投稿: ミワ | 2005年5月26日 (木) 20時47分

ミワさん、こちらこそこんな話にこんな素敵なコメントを
ありがとうです!!!
私としては相方のとぼけた感じが面白く、笑ってしまったので、
母にこの話をしたら、やはりうるうるして、少し面くらったんです。
あれ?これ感動しちゃう話?あれえ?ってね。
なんだか、お恥ずかしいです。
でも、ミワさんにそんな風に感じてもらえて
ものすごく嬉しいです!
本当に私こそ、ありがとう!!!

投稿: ゆきみ | 2005年5月26日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/4267840

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝いさんありがとう:

« 観劇 「いとこ同志」 | トップページ | おかたづけ »