« 葉桜の季節にひとり想うということ | トップページ | 観劇 「いとこ同志」 »

2005年5月20日 (金)

鼻は脳の入り口なの

アロマを勉強中の母の言葉である。

嗅ぐ匂いによって脳に与える刺激が違うので、アロマテラピーなるものが成立するわけなのね。ふむふむ。

確かに好きな香りを嗅ぐとリラックスするなあ。

ラベンダー、ティーツリー、サンダルウッド、グレープフルーツ、カモミール、ローズマリー、ベルガモットなどなどなど。

それもいいけど、私はわりと生活臭がすきなんだな。

干したてのタオルケットの匂い、淹れたてのコーヒーの香り、雨の匂い、富士そばの出汁の匂い、ジャパンホームセンターの雑貨売り場の匂い、押入れの匂いなどなどなど。

これらの生活臭も、鼻からはいって確実に脳を刺激してくれる。

眠くなったり、ほっとしたり、どきどきしたり、食欲がわいてきたり、清清しくなったり・・・・・。

ゆるみっぱなしの脳の為にも、どんどん匂い嗅いで行こうっ。そろそろ鼻水もとまったことだしねん。

|

« 葉桜の季節にひとり想うということ | トップページ | 観劇 「いとこ同志」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/4200773

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻は脳の入り口なの:

« 葉桜の季節にひとり想うということ | トップページ | 観劇 「いとこ同志」 »