« 感受性 | トップページ | 感化したこと・されたこと *趣味編* »

2005年7月26日 (火)

西田敏行

小学6年生の頃、卒業を前にして、サイン帳なるものが大流行したものだ。

お気に入りのノートをクラス全員に回す。

回ってきたノートには、名前、生年月日、血液型、星座、好きな食べ物や好きな動物等、どうでもいいような個人情報を書き連ねる。

その中には、好きな芸能人という項目が必須だった。

当時は空前のたのきんブーム。それぞれの派閥があり、それによって好きな男の子の好みが明確にされていた。

しかしアイドルを敬遠する子は以外に多い。

たのきん以外にも、人気があったのはお笑い、漫才ブームだ。

あの頃は「ぼんちのおさむちゃんラブ」とか言っても誰も笑わなかった。「洋七より洋八がすき」と言っても誰もバカにしなかった。したか?

それから背伸び早熟チームは、リバイバル人気のモンキーズに熱を上げていた。私にはみんなマッシュルーム頭の同じ顔に見えていたので、理解に苦しんだ。

クラスメートの好きな芸能人を冷ややかに観察しているひねくれ者の私が、胸を張って好きだとサイン帳に書いていたのが

西田敏行

なのだ。今でも、その気持ちは変わらない。

前置きが長くなったが、昨日のNHKのドラマ「ジィジ2 孫といた夏」の西田敏行を見ていて、やはり素晴らしい役者だと感激した。

自分の芝居で泣かないで、相手の芝居でこらえきれず、目からほろりと涙がこぼれる。

泣く芝居なんてしていない。

感じて、泣けているだけ。

これって、テレビドラマレベルでは、なかなかお目にかかれないと思う。だいたい、みんな泣く芝居をしているから。涙をカメラのおさめるべく泣いているから。

昨日ドラマでは、3人の出演者が泣いた。どれも、泣かないと成立しない筋だてなので、ちゃんと泣いている。けっこう必死に。

それを受ける芝居の西田敏行。受けの芝居が自然で嘘がないから、共演者も映える。

やっぱりすごい。

あ、でも末の弟役の子、名前わからなくてごめんなさい。この子、とてもいい!この子も嘘のない芝居をする。西田敏行との二人のシーンは、あまりにリアルでぐぐぐっときた。

西田敏行様(今ごろ様つけて・・・)。

池中玄太からずっと観ています。

たいしたファンではないけれど、応援はしています。

お体、大切に。いつまでも、現役で居続けてください。

|

« 感受性 | トップページ | 感化したこと・されたこと *趣味編* »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/5160609

この記事へのトラックバック一覧です: 西田敏行:

« 感受性 | トップページ | 感化したこと・されたこと *趣味編* »