« 雪降る土曜日の午後に | トップページ | 春の予感そのいち »

2006年1月25日 (水)

山村美紗物語を観た観てしまった

特に山村美紗に興味はなかったのだが

相方が西村京太郎好きだし

聞きかじっていた山村美紗と西村京太郎の不思議な関係のこともちょっと知りたかったので

まあ、観てやるか

ぐらいの気分で観ていたら。ららら。

面白ーいじゃん♪

間に西村先生や、もみちゃん(もちろん山村紅葉のことよん)のインタビューが入る

ドキュメントタッチなのが良かった。

ドラマの部分は最後、美紗がどうしてそんなにあっけなく死んだのか

描ききれてなかったけど、

そんなことどうでもよくなる程に

浅野ゆうこが化けたね~。

見事だね。激似だよ~。

そして何気に、もみちゃん役の

濱田万葉も似ていたよ。

あの手のミステリー新書はあまり読んだことがないけれど

西村京太郎が完成させた山村美紗の遺稿は読んでみたいな。

居丈高な態度で観はじめたドラマだったけど

思いのほか楽しんだのでした。

が、しかーし。

なぜマドンナ?

エンディングの曲の合わなさもさることながら

マドンナご本人登場って?

蛇足というか蛇に象の足がついたね。

余韻を返せぇぇぇぇぇ。

|

« 雪降る土曜日の午後に | トップページ | 春の予感そのいち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/8339169

この記事へのトラックバック一覧です: 山村美紗物語を観た観てしまった:

« 雪降る土曜日の午後に | トップページ | 春の予感そのいち »