« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月27日 (火)

梅雨の晴間

梅の雨とはよく言ったものです。

この時季、近所のスーパーには梅の特設販売コーナーが出来て

こんなゆるゆるな主婦でも、梅酒や梅干、梅シロップなどを作る気分に駆られます。

子供の頃、母はきちんとこの季節に梅干梅酒梅シロップを作っていて、よく梅の仕込みを手伝いました。

梅のへたを串でくりっと取ったり、梅の実にフォークで穴を開けたり。

大きなザルいっぱいの梅の実を前にして、手を動かしながら、おしゃべりするのが何より楽しかった。

小学生の頃は覚えたばかりの詩や歌を得意げに話し

中学生の頃は辛い部活の愚痴やちょっと気になる男の子の話だったり

高校生になると将来の夢や受験の不安を

母の目を見ず、梅の実に視線を集中させてのおしゃべりでした。

今思えば、梅の実が間にあるから話せること。

だったのかもしれないな・・・。

そして今日。

梅雨の晴間に、母が言いました。

「こんな日は梅を干さなくっちゃね」

そんな母の足元にも及ばない私は、梅シロップを作る気持ちに駆られてはいるものの、母や近所のおば様に美味しい梅シロップを頂けると踏んでいるため、作らないのでございます。えへへ。

で、先日早々に頂いた梅シロップで梅ゼリーを作りました。

Dscn0280

ちょうどモロゾフのプリンの空き容器があったので、それに梅をまるごとごろんと入れ、シロップゼリーを流し込んで作った簡単ゼリーです。

相方いわく、「この容器じゃちっちゃいよ。もっとゼリー食いたい」

なるほど。

とっても濃いエキスを内包した梅に、ゼリーが負けている!

というわけで、2回目はタッパーで、がっつり作りましたが、色気がなくてなんだかな~になってしまいました。

でも、今日みたいな暑い日は、ノドに冷たいゼリーが通ると

あぁ♪ここちいいわ~!ぷるんつるんとろん!!

色気より食い気。たくさん食べるにはタッパーが正解!!

梅雨の晴間。

気持ちのいい一日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

地元百貨店に喝!

私の住む街には老舗地方百貨店が君臨している。

古くからこの街に住む人にとっては、バラ模様の包みよりもライオンが鎮座する入り口よりも駅に直結している売り場よりも

この地元百貨店が一番のデパートなのだ。

かくいう私もこの百貨店には随分お世話になっている。

ファミリー食堂や、屋上のミニミニ観覧車など、今でも懐かしスポットは健在だ。

地元を愛し、地元に愛される、地域密着地方百貨店。

その百貨店に、今、私は失望している。ぷんぷん。

先日のことである。

私は毎年夏に地元神社で行われる『薪能』のチラシを求めにその百貨店に出向いた。

街中にはその『薪能』を知らせるポスターがあちこちに貼られ

今年は野村萬斎が主演であることが告げられている。

これは、早急にチケットを入手せねば!

と、意気揚々と前売り日時を確認。

まだまだ先ではあるが、ポスターが街中に出回るくらいだから、チラシはもらえるであろう

と、前売り場所としておおきく明記されているその百貨店に出向いてみた。

「薪能のチラシが欲しいのですが頂けますか」と私。

「はぁ」と百貨店チケット売り場の推定22歳新人風味の販売員。(以下、新人風味)

新人風味「えーっと」(←きょとん)

私「薪能のチラシがあれば欲しいのですが・・・」

新人風味「??なんですか??」

私「た・き・ぎ・の・う・のチラシを」

新人風味「ああ。能ですね

私(心の叫び→)だからさっきからそう言ってるでしょうが!!

私(実際の声)「は、はい能です、薪能です」

新人風味「それなら、前売りはまだですけど」

私(心の叫び→)だ・か・ら!!私はチラシが欲しいんだよっ!

私「はい。知ってます。なのでチラシを頂けないかと思って」

ここで、このやり取りを遠巻きから見ていた推定40歳ベテラン風味販売員が登場。私の言葉を大きく遮る声とはっきり口調にてこう言った。

ベテラン風味「お客様、前売りはまだなんですよぉ

私「ええ。それは知ってるんです私。さきほどからお願いしているのは、チラシを頂けないかと思いまして。」(←怒るほど氷の微笑になる私。半笑いにて)

ベテラン風味「チラシ?チラシもまだなんですけど

私(心で) けどなんだよ。けどってなんだよ。え?けどって。

私「そうですか、詳細が知りたいので、また来ます」

もうこいつらだめだ。帰ろう。と、とっとと背を向けた私。

すると今度は推定28歳ムードメーカー風味販売員の声が飛んできた。

ムード風味「来てます!チラシ来てるんです!」

販売員ざわざわ。

すると引き出しの奥底から封筒に入ったチラシの束が!!

その引き出しの中の奥加減から察するに、このチラシはだいぶ前から来ていたな。

そりゃそうだよ、街中ポスターだらけなんだもん。

結局、最初の新人風味ちゃんが丁寧に3つ折りにしてくれたチラシを貰って帰ったわけ。

だけどさ。

街を上げて、行事を盛り上げようとしているのに、売り場の販売員がこれじゃ、水差すってもんよね。対応も酷けりゃ、知識もない。

毎年やってるんだから、そういうのちゃんと売り場でマニュアル化でもしといてよ。

ぷんぷん。

でね、これだけじゃないの。この百貨店の対応の悪さ。

別の売り場でも、お客様に対して結構失礼。

敬語も出来てないし、セールストークもめちゃくちゃ。

それが50歳代の販売員だったりするから始末におえない。

ねえ、最近平日の昼間閑散としてるよ。

大丈夫かい?地元デパート君よ。

企画とか品揃えとかも大事かもしれないけれど、店員の品格も大事だよ。

地元民に愛されて何ぼの店なのにね。

大好きなデパートだからこそ、もっと居心地良くなって貰いたいのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

チャリチョコ

世の中は国民的スポーツ観戦に夢中のようですが

私はやっとこさ、鑑賞することが出来ました。

「チャーリーとチョコレート工場」byティム・バートン

原作を読んだときから、映画が楽しみで仕方なかったのになんでか劇場に行かず終い。

DVDレンタル開始を虎視眈々と待ち

さらに、1weekレンタルになるのを待ち

さらに、半額セールになるのを待ったため、今時分になってしまいました。

いや~、出っ歯になってもジョニーはカッコいいね。

顔の良し悪しに出っ歯は関係ないのかしら。

ロナウジーニョも出っ歯じゃなきゃ、かなりいい顔なんじゃ

と思ってたけど、あれ、出っ歯だからいいのかも。

最近出っ歯キャラ、目白押しだな。

さんまでしょ、ロンブーあつしでしょ、原口でしょ・・・

あ、あれは付け歯か。でも付けなくてもちょっと出てないかい?

みんなお笑いだけど、可愛げのあるいい顔だと思うわ。

何の話?

チャリチョコよ、チャリチョコ。

原作は、ジョニー演じるワンカさんがもっと高齢なイメージなんだけど

そんなに違和感はなかったね。

ワンカさんとお父さんのエピソードも、若いジョニーだから生きていたし。

楽しみにしていたのは、チャーリーの4人の祖父母のシーン。

1つのベッドに4人が寝るんだよね。

チャーリーが4人の祖父母と両親に、1枚のチョコレートを分けるシーンは

暖かくてほろり。

私は工場のシーンより、貧乏屋敷の家族のシーンの方が好き。

でも工場も、良く出来てた。原作のイメージ通り。

ウンパルンパの歌なんてどうやるのかと思ったけど

どの曲も楽しくて面白くて何気にいい曲だったし。

秀逸なのはやっぱりリス♪かわいくてかわいくて。

どこをどう観ても、原作を大事にしていてとてもティム・バートンの誠実さが伺いしれたよ。

しかし、少しだけ東京が出てくるんだけど、

どうしてハリウッドを通すと中国みたいになっちゃうの?

ハリウッドが作るリアル東京はいつになったら拝めるのだろうか。

渡辺謙とか桃井かおりに、その辺頑張っていただきたいところである。

久しぶりのDVD鑑賞。

あわせて「プリズン・ブレイク」も観た。

なかなか面白い。

半額の日にまた行こうぞ。

どんなに観たくても半額以外では借りない、こづかい制専業主婦の私なのであーる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

宣言しないと出来ないもので

さて6月。

いつものことながら、上半期終了を目の前にすると、何もしないでいる自分に冷や汗が出ます。毎年言ってるな、こんなこと。

なので、これから私がやるべき課題、しなきゃいけないこと、今年こそちゃんとやれよ的な数々を、列記したいと思います。いや、列記だけじゃだめなのよ。宣言しなきゃ。やりますって。ね。

その①・・・ダイエット。てか、これはライフワークですから。いつも念頭にはあるんです。頑張ります。そろそろ成果を出します。出させます。

その②・・・部屋の模様替え。今年は片付けプラス模様替えです。脳内では壮大なるプランが展開されているのですが、まだ何ひとつ手をつけていません。これからです。

その③・・・アゴタ・クリストフ三部作「悪童日記」・「ふたりの証拠」・「第三の嘘」の再読。本プロで刺激され、読書的体力が多少増したと思われる今、読み直したいので。じっくりと。

その④・・・山崎豊子「沈まぬ太陽」読破。堀江氏に刺激された相方に、刺激された私。山崎豊子はかねてからいつかはきちんと読みたい作家だったので、これを機会に。

その⑤・・・早寝早起き。これが一番難しそう。よほど心がけないとね。ほらもう今だってこんな時間。しかしここから改めないとさ、健康とダイエットには欠かせないことでしょ。ああ、早く寝なきゃ。

今のところこんな感じ。思いたったらまた追加ありで。

宣言しても出来ない傾向に年々なってる気もするが、そんな事実は振り払って。

いざ、6月。

有意義な下半期を迎えるためにも、宣言したからには頑張りますよん。

では、まず早寝から。

おやすみやさいベジタブル。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »