« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月17日 (水)

ドラマ言いたい放題

新年から始まるドラマは、野球放送がないので、大手を振ってオンタイムで観る事も、録画も出来る。テレビ大好きな私には一年で一番嬉しい時季。というわけで。

言いたい放題させてちょ。

『華麗なる一族』

私は原作を再読したので、どうしても原作との比較になりますが、まずあの大作を1クールで納められるのかという疑問。

なので、初回からナレーションと説明台詞の応酬。

なのに、BGMが大きすぎてよく聞き取れないという状態。

果たして、原作を知らずにドラマを楽しもうという人たちに、きちんと伝わるのだろうか?と思ってしまったよ。

キムタクの茶髪はヘンだとか、衣装もありえないとか、肖像画がコント並みだとか、鯉の将軍は酷すぎるだとか、もろもろあるけれど、それら全て込みで「中途半端さ」が気になる。セットも豪華なのかちぐはぐな感じしか印象に残らなかったし、合成した映像は違和感甚だしい。

そして何より、万俵家の新年の晩餐のシーンがダメ。

とりあえずトップシーンは大介の威厳をクローズアップすべきだった。

大介が手をつけるまでは料理がおあずけになる様子がないし、あんな風に珍客で妨げられるなんて晩餐台無し。鉄平も最初は遅れちゃだめだよね。

「華麗なる一族」をやるなら、どうしてもっと本気にならなかったのだろうか?

こんな半端は描き方で、視聴者はついて行けるだろうか?

初回視聴率はダントツだったようだが、脱落者が出ないとは言い切れない。

私も2回目は観る。が、3回目は2回目次第だ。

せっかくの大作ドラマなのだから、内容の巻き返しに期待したい。。。

『ハケンの品格』

面白い。バカバカしくて、でも核心を突いていて面白い。

とっくりとくるくるパーマの敵対が面白い。

というか、キャスティングがうまい。

適材適所。すばりはまっている。

板谷由夏のイジワル社員も、松方弘樹の部長も、加藤あいのだめだめハケンも、心美しき主任の小泉孝太郎も、じつにぴったりなのだ。

漫画にも小説にも頼らないドラマだけに応援したくなるわけで、今、このドラマに釘付けになのであーる。

『ヒミツの花園』

なぜ、釈由美子が主役をはれるのか、そのへんの仕組みがわからないけれど、そんなに悪くないんだね、釈。録画してまでは観ないけど、家にいればチャンネルは合わせたいな。

『演歌の女王』

楽しみにしすぎてまだ録画したものを観てまへん。楽しみです。宝塚は好きじゃないけど、天海祐希は好きなもので。

今のところ以上です。やりたいこと、やらなきゃいけないことは山ほどあるけど、何はともあれ、寒い夜は暖かいコーヒーとチョコを置いて、コタツでドラマが一番幸せだったり。

それでいいのだ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

まだまだ正月気分♪

今年は相方の休みが若干長いため、私もまだまだお正月気分が抜けません。

何をするでもなく、年末からはまっている食玩の整理をしたり、テレビを眺めたり、漢字クロスワードをしたり、なんともゆるりな年始です。

そろそろ運動不足にも拍車がかかり、軽くでも運動したい気分。

あ、だからなのか?

正月に羽子板なんかしたりするのは?

_009_3

正月だけ張り切ったところで↑こうなるのがオチ。

やっぱり普段から運動は心がけないとね。

今年こそは「脱・運動不足」。

なんて言って、正月から食玩で遊んでるんだもん。

でも「脱・運動不足」。

何事も言わないと、実行出来ないたちなので

しっかり年頭に宣言しとかないとね。

とりあえず、今からマンションの階段、駆け上がってくるかな。(14階建て)

                                         

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

明けました!おめでとう!

明けました!おめでとう!

昨年中はなかなか更新もせず、ゆるむのも限度があるぞな感じのブログにおつきあい頂き、感謝いたしております。

今年も、ゆるみ具合は変わらないとは思いますが、マイペースで続けていこうと思っておりますので、よろしければ、またおつきあいお願い致します。

とりいそぎ、あけましておめでとうございます。

2007年、開幕です!!!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »