« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

活性水素水

健康ヲタクというにはまだまだ甘っちょろい私ではありますが、母・義母ともに健康ヲタクなので(でもこのふたりの場合は切実)、多聞にもれず私も気になる健康情報。

酢がいいとなれば黒酢をがぶ飲みし、胃を荒らしたり

ポリフェノールがいいとなればウーロン茶をがぶ飲みし、胃を荒らしたり

生姜がいいとなれば生姜紅茶をがぶ飲みし、胃を荒らしたり

かなり強引かつ乱暴で、胃に負担をかけている私の健康道ではありますが、私の性格上、熱しやすく冷めやすいため、いたしかたありません。一部から、むしろ不健康だという声もちらほら。聞こえないフリ聞こえないフリ。

そんな私が今一番気になるのは

『水』!!

全世界、あまたある水の中で一番気になっているのが

日田天領水!!

この日田天領水が身体にいいと言うのでかねてから飲みたいと思っていたのですが、なにぶんお値段がね。お高いんですの。

毎日飲むものだから、いくら身体によくてもコストは大事。

手が出ないなぁ、残念だなぁと思っていたら・・・

この日田天領水と同じ『活性水素水』が格安で買えるシステムが近所に登場したのです。

その名も『清流伝説

ジャパンホームセンターにて5ℓ100円で販売。

容器のボトル代が300円だけどね。でも充分お安いでしょ。

047 この辺のスーパーはこぞって「水」の提供や販売をしているんだけど、アルカリ水やアルカリイオン水はあっても、『活性水素水』は初めて。

このジャパンホームセンターはもう結構古くて、続々登場する新しいスーパーに押され気味。

私の中ではポイント5倍デー以外では利用しないところだったのですが、今はこの水のために1日おきに通っています。

まさにジャパン(こう呼んでる)の思惑通り。

もうこの水なしでは生きていけないの。

てなわけで、今活性水素水に燃えに燃えまくっているさなかなんです。

案の定がぶ飲みです。

水だって飲み過ぎれば胃を荒らすのにね。

わかっちゃいるが、私の熱はオーバーヒート。

春の嵐の中、完全防備で水を汲みに行く私なのです。

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2007年2月15日 (木)

私の花粉対策

突風吹き荒れる関東地方。花粉症の皆様お加減はいかがでしょうか?

いよいよ今年もまた例外なく、きちんと花粉による反応が私にも表れました。もうかれこれ20年近いベテランですから、そう慌てることはないのですが、毎年、もしかしたら今年は反応しないんじゃないかな?なんて淡い期待を抱きつつ春を迎えるものですから、若干のがっかりは否めません。

しかし風が強かろうと、空気が乾燥していようと、生活は生活。

夕飯の買い物にも行くし、水も汲みに行く。(←この水の話はまた後日)

そんな私の花粉対策は・・・。

ま、いたって普通です。

003_1  「花粉でお悩みのかたに」という優しいコメント付き。でも、そんなに悩んでないけどね。と強がってみたり。

もうこのマスクにすると、他のが息苦しくてね。

外せないアイテムであります。

002 そして、眼鏡。

普段は眼鏡はかけない私ですが、本当は結構な乱視。

花粉対策にサングラスをかけていたら、どうも見づらいし調子が悪くなる。

で、一昨年に思い切って眼鏡を購入。紫外線よけも入ってるのでサングラスのかわりにも。本当はもっとゴーグルみたいなのしなくちゃ効果ないのかもしれないけど、ま、ここは気休め程度。

で今年もそろそろ眼鏡をかけなくちゃねっと、ひっぱり出してみたら片レンズがぽろっ。

この後、眼鏡屋さんへGOです。

さらに、

Dvc00031_m_2  のどがかゆいときはプロポリスキャンディーを、鼻がつまったときはエキナケアのど飴を舐め、ユーカリの精油で空気を浄化し、目がかゆいときはアルガードを点眼。私はこの超混雑する時期は、絶対に医者には行きません。行かないで済ますのです・・・。

で、私はマスクをし、眼鏡をかけ、さらにフード付きマフラーをぐるぐる巻いてお出掛けします。

この時期妖しい人はみな花粉症。

妖しいスタイルも市民権を得つつあるからね。

大丈夫、大丈夫。

そんな私はこんな感じ↓

 

 

 

 

 

 

        

 

 

 

 

 

あなぶきんちゃん??

 

 

 

あ、それからこれも大事。

Dvc00059_m

 

これだけあれば、安心ね。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007年2月 7日 (水)

よのなかばかなのよ

「産む機械発言」

どうして政治家のおじさんってこういうこと言っちゃうんだろう。

今はもうこのおじさんの揚げ足取りであらぬ方向に行ってしまってるけど、言ったことより、悪いと思ってても言ってしまうその頭の中身が問題だな。

根本的な考えがそうだってことでしょ。

産んだ女性はさして傷つかないかもしれないけど、産めてない女はなんともいえない気分だよ。

どうせ少子化問題は「産まない機械」の責任ってことだろうから。

そしてさらに「結婚をし子供は2人は産みたいという健全な思い」発言。

私はどうやらダメな機械なうえに健全じゃないらしい。

「マスコミ」

政治家たちへの騒ぎ方も論点がズレてるし、アニータのことしつこく報道してるけど、それって意味あるの?

チリのテレビマンに「面白ければいいんですか!!」と追っかけて攻めてたけどさ、日本のテレビだって同じでしょうが。何言っちゃってるの。

テレビが捏造なら新聞は盗用だってさ。社説って新聞社の顔なんじゃないの?呆れる。

「命」

いじめられた子が自殺。いじめの加害者が自殺。校長先生が自殺。自殺を止めようとした警官が重体。どうしていつのまに、こんなに命が軽くなったの??????ねぇ、いいのこんなんで?????どうやったら、「命」がどれだけ尊いかを誰ひとり漏れることなく伝えることができるの?「自ら命を絶ってはいけない」と街中に書いて貼ってはどうか。もうそのくらい末期症状ではないか?この世の中は。

「日常」

最近目にする大人の信号無視。大人が圧倒的に多いのはなぜ?しかも、私は運転中によく目にするので、車中クラクションは鳴らさないまでも、視線を強く向けていると「はぁ?」みたいに逆ギレの表情をほとんどの人がする。もう世の中に交通道徳は存在しないのですか?信号さえも守れない大人が子供になにを教えられるのですか?

よーのなーかばかなのよーーーーー。

真っ当に生きるって難しい。

よーのなーかばかなのよーーーーー。

そのばかなよのなかにある本当の真実をちゃんと見極めて行く。

見極める力をつける。

生きるということはそういうことなのかもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年2月 1日 (木)

ケータイ進化論

母がケータイを紛失した。

母には私がレクチャーしやすいように私とまったく同じものを持たせている。

前回ケータイを変えたのは、やはり母の都合で、母のケータイがとても調子が悪く電池に関係なく電源が切れるので、これじゃ使えないから新しくしたいわ。ねぇゆきみちゃんも一緒に変えようよぉと言うので、というか母が新しくするには、その機能を教え込むためにも私自身がその新しいケータイの使い方を覚えなきゃいけないわけで、ま、私も新しいものは嫌いじゃないし・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ようするに、母に便乗してケータイを新しくするのが結構楽しい私。

で、ちょうど一年前にケータイを新しくしたのに、今度は紛失したんである母が。

さすがに1年ちょっとで新調するのは忍びない。

愛着も湧いてきてるし、気に入ってる。なにしろ経済的にもそんなに頻繁には変えられないさ。

しかし、もう母が失くした型のケータイは品切れで、くまなく探したがもう売っているお店がないのである。

ケータイ大好き相方くんに相談したところ、同会社の最新モデルでも操作はほとんど変わらないから、母でも大丈夫なのでは。とアドバイスを貰い、ここは母だけが最新モデルを購入ということにした。

しかし、最初の電話帳入力やら、カスタマイズは私の役目。

着メロをお気に入りの曲にしたり、メールの文字を拡大にしたり、日がな一日、その新しいケータイをいじっておりましたところ、案の定というか、それみたことかというか。

欲しくなりました。

いいなぁ。母。

欲しいなぁ。

031_1

左が私の。右が母の。

032

SH903i。画像がめちゃくちゃ綺麗です。(←これじゃわからないね。だって母のまだビニール取ってないしね)

1年でケータイはこんなに進化するのですね。

欲しがってたら、きりがないんだわ。

欲しい気持ちをぐっとこらえ、ケータイのように1年でぐんと進化したい自分であります。なんてうまいこと言ってみたりして。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »