« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

桜の花で人の心が躍る頃

今年は桜の画像は撮らない載せないことにした。

だいたいから私は桜に対する思い入れが尋常じゃない。

連れ立ってお花見に行きたいわけでもなく、桜スポットを巡るわけでもないけれど、桜が開花し満開になるまでの間は、心がざわついて仕方がない。

そしてはらはらと桜が散ると、なんとなくほっとする。

あぁ、この季節がまた終わり、また巡るんだなぁと。

桜にまつわる思い出など誰だって持っているものだし、あの雄大で荘厳ではかない花を前にすれば、浮かれるのは皆同じなのに。

心踊り、心騒ぎ、心憂い、心ときめく。

小さな小さな花の群集が、私を惑わす。

満開の桜の下に立つと

涙がこぼれる私にはきっと

在原業平の血が数滴まじっているの・・・かも。

  

  

『世の中に たえて桜のなかりせば

    春の心は のどけからまし』

  

  

  

というわけで、桜の花で人の心が躍る頃、桜じゃないもので心躍ってみようではないかと。

地べたにだって春が来ているぞーーーーー♪

033   

  

  

  

  

このピンクの小花はなんて言うんだろう。最近はレンゲをもう見ないけど、このお花はまだまだ見かけるよ。

030  

 

 

 

 

これは、へびいちごの花だよね?小さい頃からこの花が大好きでした。もちろんへびいちごも。

032_1  

 

 

 

 

これはオオイヌノフグリ。まわりのクローバーに負けてるね。もっと一面ブルーになる感じが好き。私の中では唯一「春を感じる青」。

031_2  

 

 

 

 

ここはたんぼのあぜ道なんだけど、こういう場所のたんぽぽは茎が短いのね。野生味あふれるたんぽぽもまたよろし。

035  

 

 

 

 

やっと、やっと探したこの1本!!あーピントがぁぁぁぁぁ。ボケてはおりますが、見紛うことなきこれはつくしちゃんです!ほっこり春だわぁ。

誰もいないたんぼのあぜ道で、下を向き春を探す私の心はわくわくノスタルジック。

こうやって30ン年前も春を探して遊んだっけね。

まだまだここ川越には、わずかではありますが、あの頃の春がやって来ます。

桜、菜の花、たんぼ道。

春爛漫。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

花粉と風邪とマグカップ

この春、花粉症でありながら風邪をひいたゆきみです。

花粉症になって十数年。このW症状に見舞われるのは初めてです。

一見、風邪のような花粉症の症状ですが、いざ風邪になるとその違いがよーく解ります。明らかに今年の私はいつもと違う。

くしゃみとせきが同時に出る。

どちらも譲らず。われ先にクチから飛び出そうとするもので、自分も今してるのがなんなのかよく解らない始末です。

鼻水が3色。

汚いハナシでごめんなさい。でも敢えて。花粉症は透明な鼻waterなんですが、それになんとyellowとredが!!私のお鼻は今、春爛漫です。

喉がグラデーション痛。

なんて言うんでしょうか。鼻から喉にかけては物凄く痛いのですが、喉から気道あたりは痒いんです。痒いときは「うがい薬でうがい」が痒み止めになるのですが、今はそのうがい薬がとても沁みます。痛みにも効くと思うのでうがいはしていますが、この症状はなんとも不思議な感覚です。

そして、だるいだるいだるい。

あ、これは同じ。花粉症でも風邪でもね。

幸いなのは頭痛がないことと、食欲はあること。

食欲は少しなくなって欲しいくらいですが。

なので、見た目は元気そのもののマスクが眩しいマスク夫人です。

熱もなけりゃ、頭も痛くない。ようするにたいしたことないんですのよ。

ま、だるがってても仕方ないので、ちょっと散歩がてらふらり。

目的はマグカップゲット!!

情報はさすが聖地にお住みのkiyuちゃんから♪

で、さっそくもらってきたよ。

Photo

デイリーヤマザキ太っ腹!!

だるだるも吹き飛ぶかわいさ&お得感。

さて、このカップで生姜紅茶でも飲んでスッキリといきますか♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

羽田散歩

先日、ちょっと用があって、飛行機に乗らないのに羽田空港に行ってきました。私にとって超久々の飛行場です。

川を越え

  また川を越え辿りつく

    でもまだ東京・・・日本って広い・・・

001_1

 

 

 

 

 

どでかい立体駐車場から早速興奮し、とった写真は

まるでトミカ。

リムジンバスのミニカーが欲しくなった。

 

夕方の6時。平日。

なのにこんなに出発ゲートは長蛇の列。

お仕事の人。家族旅行の人。卒業旅行の人。みんな浮き足立ってる感じ。。。

  旅人がこんなにたくさんいるなんて!

             井戸の蛙が大空を知る 

004

  

  

  

  

  

  

  

    

用事まで若干時間があったのでお茶でもしますかとちょっと一休み。

003_2

  

  

  

  

  

喧騒の中、冷静な蛙夫婦ははしゃぐ周りを見るとはなしにぼんやり。

相方は大の旅行好きなので、きっと今頭の中は

「飛行機乗りて~」な気分でいっぱいなんだろうな。と思いつつ。

頬の上  旅の名残を蒸気させ

   終わらせたくない卒業旅行・・・・・・・

ねずみの国帰りの若人たちはまだ魔法が解けない様子で、頭にねずみの耳をつけたままだったり、風船持ち込もうとしてたり。飛行機乗って地元に着けば同級生とさよならだものね。

楽しさと背中合わせのせつなさを

        ここに置いてく 空は快晴 

002_1

 

 

 

 

 

そんなこんなで用事を済まし、せっかくだから飛行機の見えるところで夕食をとろうということになり、レストランの窓側に着席。

もう真横に飛行機!!右横↓

005

 

 

 

 

 

 

左横↓006   ポケモンだい♪    

 

 

 

 

 

 

 

春の宵  私は井戸から出ないけど  

         飛行機の風  つむじで感ず

 

 

 

なんてな。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

舞妓Haaaan!!!

ねぇ、いつまで待てばいいの?ねぇ、いつ?

6月なの?6月でいいのね?

もう出来てるの?映画は出来上がっているの???

興奮度MAXなNewsはこちら↓

クドカンの映画 『舞妓Haaaan!!!』

私にとっては『サダヲSaaaan!!!』ですけどね。

クドカンファンの皆様、楽しみですね。

一緒に盛り上りましょうね。

そんな、私の思いを察してか(そんなわきゃない)

近所の老舗百貨店にて舞妓はんに遭遇。

007  

京都物産展だったのね。

京都じゃない所で遭遇するとものすっごくインパクト大よ。

写真撮らせてくださいって言ったら、とても素敵な笑顔で「はい」って。

うっとり。

舞妓Haaaan!!!な気分にいち早く浸った私。

私もお茶屋に行ってみたいどす。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

陳さんの杏仁豆腐

『鼻は脳の入り口なのよ』

アロマにはまる母の言葉をさらりと聞き流していた私だったが、まさにそれを実感する出来事が・・・。

杏仁の香りを嗅いでいたら、ものすっごく杏仁が食べたくなった。

あ、こんなこと誰でもあることですよね。

先日も相方が、大好きなラーメン屋に行く途中にカレーの匂いを嗅いでしまい、カレー屋に行ってしまった。と言っていた。

匂いが脳を支配する。

で、この2日間、杏仁に支配された私の脳。

なぜ、杏仁?

それは、kiyuちゃんがくれたパンダマトリョーシカからほんのりなのに鮮明に優しいけど刺激的に香ってくるのです。

あぁ、杏仁豆腐が猛烈に食べたい!!!

そんなわけで、杏仁豆腐を作ることに。

市販のビニールパックにひし形にカットされフルーツやシロップと一緒になった杏仁豆腐はどうも好きじゃないの。

あのシロップがね、今ひとつ気に入らん。

で、前に友人が手作りでご馳走してくれた『聘珍樓』の杏仁豆腐を探して、作ろうと思ったのですが。

ない。

売ってない。

うーん。仕方あるまい。

スーパーで売ってた手作り杏仁豆腐はこれだけだったので、買ってみた。

068 『赤坂四川飯店』だよ。

陳健一だよ。

おいしそうじゃーん♪

早速作ってみる。るんるん。

出来た~。

071 もう、がっつり食べたい思いが先行。

ちまちましたかわいい器なんかまどろっこしい。

グラスにたっぷり。

私、満足。

で、お味はというと・・・。

ん?ちょっと甘いな。

香料は使ってないのに、きちんと杏仁の香りがしてこれはgoodなんだけど、砂糖甘さがちょっとお子様向きな感じ。

うーん。杏仁は聘珍樓の勝ちだなぁ。

陳さん、残念。

069

 

陳さん、もっと大人向け『杏仁豆腐の素』を作ってください。

でも、いい香りの杏仁豆腐を食し、満たされた私の脳。

ふんわりほわほわいい気持ち。

しかし花粉症のわりに、鼻が利くってどうよ。

振り向けばゴミ箱てんこ盛りの鼻紙(今の時分はティッシュというより鼻紙の方がしっくり)なのにね。

ふぇっくしょんっっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »