« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

春琴

080227_215630_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『春琴』

世田谷パブリックシアター

2008年2月21日(木)~3月5日(水)

出演*深津絵里・宮本裕子・麻生花帆・立石涼子

     チョウソンハ・瑞木健太郎・高田恵篤

     ヨシ笈田・本條秀太郎

演出*サイモン・マクバニー

原作*谷崎潤一郎「春琴抄」「陰翳礼賛」より

  

  

2月27日観劇。

  

「春琴抄」の語りを録音するため、放送ブースに入るひとりの女優。

物語は彼女の語りベースで進んでいく。

素舞台で繰り広げられる『春琴抄』の世界。

なんでもない小道具が思いも付かない表現で使われたり

役者の存在を消しつつも役を全うする「表現者」の極みを観たり

日本の伝統美・様式美を再確認したり

それはそれはとにかく感嘆の連続な芝居なのだ。

細かい説明はネタバレになるので避けたい。

出来ればこの公演をご覧になる方はこれ以上この芝居の知識を入れないことをおすすめする。

まっさらな状態で是非この芝居を楽しんでいただきたい。

小説の内容を知らなくても、物語は充分に理解出来るようなわかりやすい語りと構成であるし、役者が魅せてくれる表現ひとつひとつも実に簡潔で理解し易いのだ。

どうか予備知識に頼らずに、目の前で行われる『春琴と佐助』の物語を感じて頂きたい。観ると言うよりも感じると言ったほうがしっくり来る舞台なのだ。

  

  

いつでもどんな舞台でも、板の上では役者はひとつの歯車だと思っている。

歯車の大小に関わらず、ひとつでも欠けてならない。

今回の舞台はとくにそれを感じた。

しかもこの『春琴』では、歯車が全て同じ大きさでこれ以上ない精巧さなのである。

その歯車が同時に動き、同時に止まる。

その一糸乱れぬ表現のうねりに心奪われる。

  

  

深津絵里さん。舞台では初めて拝見したが、噂に違わず素晴らしい役者である。「もうええ」「あつい」こんな短い台詞一声で私は戦慄した。「こんな声をナチュラルに出せるなんてすごい・・・」と。

一見、この芝居は深津絵里でなくても成立するのでは?と思うような作りであるが、やはりこの『春琴』は彼女でなければ成立しないのだと思う。春琴の晩年の心細さ怯え理知性崇高さを見事に持ち合わせているからだ。なにより視覚を失っている春琴の「声」は、深津絵里にしか表現出来ないだろう。その位、彼女の声は魅力的であった。

「深津絵里の声」に対し、「宮本裕子の身体」も何ものにも代え難い魅力がる。春琴を描写する「透き通るような白さと青さと細さ」にものの見事にあてはまる身体であり、少女期の春琴は彼女なしでは表現出来ないであろう。春琴が幼児期から少女へと移行する様がとても面白く、宮本の手、足、顔、身体が物語の細部をきちんと表現していて秀逸だった。

  

  

『春琴抄』の佐助は献身愛なのか。

耽美主義で被虐性の佐助が献身でやっていたわけではなかろう。

佐助!佐助!とさも春琴が佐助を操っていたかのようだが、その実操られていたのは春琴であったのではないか。

純粋な愛に恵まれなかった春琴がただただ哀れでならない。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

食べて喋って観て喋って

今日は久しぶりに親友との観劇デート。

三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで公演される『春琴』を観るために

まずはキャロットタワー26階のレストラン スカイキャロットでランチ♪

080227_120449   

スズキの香草グリル焼き

トマトベースのソースがスパイシーで私好み。

サラダはセルフでお好きなものを。

パンナコッタのデザートとコーヒーが付いて1200円。

(あ、私は親友にご馳走してもらっちゃった♪)

 

なんといっても26階。

今日はお天気もよく眺望は見事。

でも窓側の席にはつけず、横目で遠くの東京タワーをチラ見し

あとは怒涛のおしゃべりタイム。

&おしゃべりの合間に打つ舌鼓。

その賑やかなこと賑やかなこと。ふたりなのに。

マチネまではたっぷりあると思っていた時間は、あっ

と言う間に過ぎ、おしゃべりが止まらないまま劇場へ。

と、その前にぃぃぃ。

レストランの反対側の眺望を納めておこう。

080227_134334

 

 

 

   

うーーーむ。やっぱりレストラン側の景色の方が断然よいのね。

でも、これはこれで。

東京砂漠って感じ?

さて。

観劇は微妙に久しぶり。

なんせ最近は親友の出演するものしか観てないもので。

そして今回も然り。

いつもいつも上質でセンスが良くて品のある演目が多いのだけれど

今回は特に特に特に素晴らしかった!!

感想はまた別枠でふざけないテンションで書くことにします。

で、観劇後もうひとりの親友に会い、またおしゃべり。

集まればいつだって19歳に帰れるセルフタイムマシン的存在。

今度はいつ集まれるかな。

長旅の帰路につく私を、自転車で劇場に来た親友は

改札まで送ってくれていつまでも手を振ってくれたのでした~。

『手振りなお  心19の余韻曳き

撫でる春風  心地よい宵』

お後がよろしいようで。(よろしいのか?)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

てっぱく

鉄道ヲタク・・・鉄ちゃん。

鉄道ヲタクな女子・・・鉄子。

うちの相方・・・鉄ちゃん。

私・・・鉄子。       にあらず。

嫌いじゃないですけどね。鉄道。

でも深すぎてついていけないんですよ。

鉄ヲタって本当に幅広いんで。

でもナゼか見てて楽しいのは鉄道にときめいている男性。

タモリ倶楽部のタモリと原田芳雄は本当にかわいい。

まさに少年の心を持った清々しき大人の風情。

きゃっきゃ騒ぐおじさんを見ているのはけっこう面白いのだ。

そう言われればなんとなく鉄道ってロマンがある気がするしな。

ブルートレインは旅情を誘うし

新幹線はその速さの進化に目を見張るし

特急につけられた名前に感じ入ったり

どこまでも続く線路に希望を見たり

駅弁に心はずませたり

特に思いいれのない私でも、わくわく要素がたくさんある鉄道なわけで。

のこのこ相方について行ったのが『てっぱく』なのです。

てっぱく・・・鉄道博物館。

078_3

  

 

  

  

 

まるでおもちゃのようですが実物です。

私は2階から撮っているので

小さいのは人形じゃないよ。人間だよ。

080

  

  

  

  

 

私にはさっぱりその価値はわかりませんが

これらはきっと鉄ちゃんには胸きゅんなラインナップなんでしょうなぁ。

私的にツボなのは

ブルートレインで読書を満喫する黒マネキンですね。

072  

 

 

 

 

オツだわ。  

 

あとは巨大な缶バッジみたいなヘッドマークとか

086  

 

 

 

  

 

休憩スペースのテーブルに描かれた車内の図面みたいな物とか

087  

 

 

 

 

 

ジオラマのほんの一部分で表現されている一市民のがやがやとか

(かなりのズームで撮ったからワケわかんないね。でもツボ) 

088 

 

 

 

 

  

HOゲージよりジオラマで再現されたてっぱくの全貌とか

090  

 

 

 

 

 

まぁ本筋とはちょっと違うところで

それなりに楽しんだ次第です。

てっぱくの本来の楽しみ方であるシュミレーターやミニ電車やHOゲージショーはまだまだ長蛇の列。

私はぐるっと散歩気分でしたので充分楽しめましたが

本気な鉄ちゃんにははがゆい混雑でしょうね。

さくっと予習が出来て、春休みに出来たらいいなぁと思っている

某ちびっこ紳士とのデートもこれで万全。

いつでもいいよん。でも混んでるから覚悟しておいで(笑)

 

 

閉館までそれぞれ別行動で満喫したてっぱく。

最初、マスクをつけて回っていた相方は最後にマスクを外し

『国鉄の匂いを感じてくるっ』と

粘りのもう1週。

おお!今の顔。タモリに負けないいい笑顔だぁ!!

私はさしづめ鉄ヲタ眺めの『鉄ヲタヲタク』かな。

N700系に目をキラキラさせている老(60代)若(3歳)男(鉄ちゃん)女(鉄子)を見ているのが楽しいんだもん。

さぁまた鉄ヲタの裾野が広がったよ。

『鉄ヲタヲタク』のジャンル確立のためにももっと聖地に

足を運ばなくちゃね♪

 

そうそう、駅からてっぱく入り口への道には

こんな仕掛けも。

入る前からワクワクするよ~。

091  

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

雪の夜長の読書熱

snowcatfacesnowpigsnowcakesnowriceballsnownoodlesnow

↑なんかいつの間にか絵文字機能が付いていて

久しぶりにログインした私はびっくり&テンションup

ケータイloveletterは基本絵文字使いがちな私pigですが

ブログはちと控えようかなthink

ただでさえ子供っぽい語りくちがなお幼く見えるからさchick

それに意外とめんどくさいことが、ここまでですでに判明flair

だから、この多用ぶりは最初で最後dangerつもりbleah

さて、今夜はかなりしんしんと降りましたね、雪snow

もう今日はお囃子の稽古までは一歩も外に出ないじょー

と決め込んでいたのに、午後一番に

『ゆきみさんのご予約されたご本が1冊ご用意出来ました』

とのラブコールがheart01(固定電話の絵文字がないっ!!)

連休明けにはPCシステム更新のため、長期の休館に入るわが町の図書館。ここで取りに行かなければ、首を長くして待っている予約本がまた遠くに・・・。

どやっと重い腰(文字通り)を上げ、しんしんと降る雪の中いざや図書館へ。

いつもは着ていないロングコートをフードまでかぶり、マスクをして完全防寒のもと歩く雪道は意外とオツなものでした。

脳内BGMはユーミンのnoteぶぅりざ~どぶりざ~~どnoteだったり

広瀬香美のnote絶好調ー真冬の恋ースピードにぃのぉってーnoteだったり

ZOOのnoteときめぇきを運ぶぅよ ちゅーちゅーとれいん~noteだったり

(あくまでZOOだから!!えぐざいるじゃないから!!)

という80年代後半から90年代前半が青春っcherryみたいなナンバーで

ご機嫌に闊歩。するとあっと言う間に到着。

No Music No Life @脳内。

そして私を待つ予約本がこちらでした~shine

 夜明けの街で     

やった~scissors

でもね、でもね、これから読むのはこれなの↓。

中庭の出来事  

  

楽しみ~lovely

 

そんなわけで読書熱がupshine

支店も更新しましてよ。

『カツラ美容室別室』山崎ナオコーラ

よろしかったら、こちらもよろしくねcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »