« 東京はテレビの国なのだ | トップページ | 私の春 »

2008年4月 5日 (土)

桜の波に溺れたい

080403_124320

 

080403_115644

080403_123634                    

080403_115513

 

 

 

 

080403_124201  

 

 

 

 

080403_124444  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉はいらない。

ただ桜の只中に佇むだけ。

はらりひらりと

春が散ってゆく。

私の肩に降り積む花片。

このまま桜の波に溺れたい。

 

 

 

@川越氷川誉桜

|

« 東京はテレビの国なのだ | トップページ | 私の春 »

コメント

ご無沙汰しています。よしひさ@ひかわです。久しぶりにblog訪れました!!
いやぁ今年の「誉桜」もミゴトだったですね~!

満開の桜って、「はち切れんばかりの生命力」と
直後に訪れる「散り始めの切なさ」とのどちらも感じさせてくれて、
いつも日本人の心を震わせるよね。

たしか松任谷由実の昔の歌に「次の夜から欠ける月より、14番目の月が一番好き」っていうフレーズがあったけど、
満開ちょっと手前が一番、心穏やかに桜を楽しめるのかな。

いや、やっぱり散りぎわこそが美しいのかな。

むずかしいね~。どっちにしても桜はいいよね~。


投稿: よしひさ | 2008年4月27日 (日) 09時36分

★よしひさ@ひかわ様

本当に本当に毎年誉桜に楽しませてもらっています。私にとって日本で一番の桜が誉桜ですから♪

まったくもってよしひささんの仰る通り(笑)
桜の姿はどこをとっても美しい!!
ほころび始めもワクワクするし、満開前は豊かな気持ちでいられるし、散り際のまさに『はちきれんばかりの生命力』に圧倒されるし、ハラハラと舞う桜吹雪には胸がきゅんとなるし。。。
今年もまた氷川橋の真ん中で、私は桜に溺れました(笑)うっとり。

ちょうど満開の頃、氷川神社内でやっていた「川越氷川祭写真展」を拝見しました。私が踊るおかめの写真もあって、とても嬉しかった!!この写真展、いつも楽しみにしています♪

投稿: ゆきみ | 2008年4月28日 (月) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/40768232

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の波に溺れたい:

« 東京はテレビの国なのだ | トップページ | 私の春 »