« 文月に想う | トップページ | プラトニック彦星 »

2008年7月 3日 (木)

少女七竈と七人の可愛そうな大人

昨夜はなんでかしら「恋」の話しをしたけれど

ふと

前にもそういう小説を読んでとてもざわざわしたのを思い出した。

そうそうこれこれ↓       

恋 (ハヤカワ文庫JA)        

  

私の中ではBEST OF 恋愛小説。

基本的に恋愛物ってそんなに大騒ぎしないのだけど

これは別腹。

デカダンスな雰囲気と時代性が私の好み。

三島を彷彿させるところもね。

私はこの小説を10回くらい再読しているのだけれど

そのうち3回、電車を乗り過ごしたことアリ。

内容知ってるのに、好きなシーンでいつもドキドキざわざわして

気づけば田園。見知らぬ風景。

あれーーーーーーーーーーー。

さすがに3回目で自分に飽きれ、電禁本に認定したくらい。

いや、そのくらい面白いのよ。

とくに小池真理子ファンではないけれど

この『恋』はいい。

新潮社からも出ているようだけど、私はこのハヤカワの装丁が好き。

いや、しかし「恋」という感情は幅が広いよね。

淡いものからヘビーなものまで。

私は読むならヘビーなの希望。。。かな。

で、ちょっと恋だの愛だのという話しに疲れたところで

今日からはこちらのラインナップ。

080702_231227_2   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ちょっとした桜庭一樹フェアだじょ。

やっと来た来た「赤朽葉家の伝説」!!

「赤×ピンク」の解説はナオコーラだし♪

それから、初物の吉田修一。

評判の「悪人」、読み始めましたけれどのっけから引き込まれてます。

やはりミステリーは止められなくなりますな。

 

 

あ、そうだ。

UPしたんだった!

少女七竈と七人の可愛そうな大人

|

« 文月に想う | トップページ | プラトニック彦星 »

コメント

こんにちは。「赤朽葉~~」と「悪人」は、私読んでますので、ゆきみちゃんの感想が楽しみです。待ってますhappy01

投稿: ほっそ | 2008年7月 3日 (木) 11時57分

★ほっそさん

おっ。ほっそさんはすでに既読ですね!
「悪人」面白いです♪
恋愛ものはどんなに面白くても割と今日はここまでと区切って読むことが出来るのですが、ミステリーはもうちょっともうちょっととなかなか止められません。
感想、待っててくださいね~♪

投稿: ゆきみ | 2008年7月 3日 (木) 23時27分

古い記事に恐縮です。電車を乗り越すくらい面白いっていう作品。今日借りてきました。
奥の書庫から出してもらったの。あとなぎさんお勧めのも、借りてきました。
あと伊坂さんの「陽気なギャング~~」もね。

投稿: ほっそ | 2008年8月27日 (水) 13時54分

★ほっそさん

「奥の書庫」にしまってあるっていうのがクセものですねぇ。
どうかなぁ、ほっそさん気に入ってくれるかなぁ、心配だなぁ・・(オロオロ)
私はこれ以外の小池真理子は本当に全然興味がないんですが、この『恋』だけは好きなんですよねぇ。ほっそさんの感想がとってもとっても気になります!!
楽しみに待ってますね♪

投稿: ゆきみ | 2008年8月28日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/41719299

この記事へのトラックバック一覧です: 少女七竈と七人の可愛そうな大人:

« 文月に想う | トップページ | プラトニック彦星 »