« Just 40 | トップページ | それはまるで希望のような七色の光 »

2008年7月25日 (金)

ダースベーダーねぇ。

連日の酷暑。

紫外線の恐怖に負けそうな日々。

もう姿なんてかまってられないから

私もそろそろ購入しようかなぁと

なんとなーく考えていたのさ。

これをね↓。

可動式大型サンバイザー(黒・紺2色セット)

   

  

  

さっきケンミンなんとかって番組で

これ笑われてた。。。

ダースベーダーて。

画期的だと思うんだけど

ケンミンショーでは

市民権は得られなかったようで。

紫外線対策。

練り直しまっす。

だってまだ笑われたくない乙女よんじゅっちゃいだもーん。

やっぱり花粉症で一躍市民権を得た

帽子にサングラスしかないのかな。

で、皮膚呼吸出来るスレスレまで日焼け止め乳液??

で、腕にはロング手袋??

しかも黒??

あぁ。

ダースベーダーじゃなくてもじゅうぶんに笑われそうね。

必死っぽくない(っぽくないけど実は必死)紫外線との戦い方

研究することにします。

(その結果ダースベーダーになることも有り)

|

« Just 40 | トップページ | それはまるで希望のような七色の光 »

コメント

あ~。
確かに3歳児の彼は泣くかもしれませんね。
しかしママは喜びそうですね。
ウチのまぁくんも好きですね。

投稿: みち | 2008年7月25日 (金) 12時15分

★みち様

まぁくん、こういうの大丈夫なのん?
あ、ダースベーダーそのもののことね。
そうだった、あの兄妹は好きなんだった。
じゃあ、これつけて喜ばす?
喜ばないか。

投稿: ゆきみ | 2008年7月25日 (金) 14時19分

紫外線、ああ紫外線、紫外線(一句)。
ロング手袋は、いいっすよ。
帽子に、ロング手袋で、軽やかに自転車で街を走れば、
(ああ…私も、紫外線を気にするお年頃の一見、普通な奥さまになったのね…)と陶酔。
(ながらく、自分の年齢がわからねぇ人生を送ってきたもので)

ところで、いま大相撲中継つけたら、さきたま南部に大雨洪水警報、ですって?。こちらは暑いですが、のんきな天気ですわよ。

投稿: オモト | 2008年7月25日 (金) 17時40分

追記。
↑のんきなのは、私の脳みそだけだったようで、たったいま雷の音がしました。

投稿: オモト | 2008年7月25日 (金) 17時48分

あ、コレ、わたし、持ってます。
使ってますcoldsweats01
使ってみると、結構、良いですよ。

投稿: かもね | 2008年7月25日 (金) 21時19分

★オモトちゃん

ロング手袋、最近ではかわいいデザインのものも見かけるのでそろそろデビューしようかと。そうね、やっぱりツバ広帽子にロン手で自転車かっ飛ばしたいわ。
あは。まさにオモトさんがここ見てるその時間。こちらは暗雲立ち込め雷鳴轟き、大嵐のようでした。
明日からこちらはちょうちん祭り。
このところ夕立なかったのに、祭りっていうと降るからねぇ。心配だす。


★かもねちゃん

あ、使ってる?
あ、結構良い?
いいって聞くと欲しくなるね。
一緒にダースベーダーになって歩く?

投稿: ゆきみ | 2008年7月26日 (土) 01時51分

きっとプロにはダースベーダーに見えないんですよ。

プロには。

投稿: みち | 2008年7月28日 (月) 12時55分

★みち様

あ、なーるほど。
こんなんがダースベーダーとはダースベーダーに失礼っすよね。
ね、プロ。

投稿: ゆきみ | 2008年7月29日 (火) 00時09分

私も購入考えたんだよね・・・
これから先のお肌のことを考えたら一時の恥くらいへっちゃらよ~と思ってさ。
ところが見ちゃったんだよね、つけてる人!
しかもロンドンのマーケットで!!
日光が貴重なロンドンではちょっとでも日が差すと「さあ、太陽の恵みを!」的に、皆な気持ちよさそうに日光にあたっています。
そ、そんな中に、、、
顔を覆った日本人が・・・

戦国時代の武士のようだったよ。

でも、数年後笑うのは華彼女かもね。

投稿: ゆうこちん | 2008年7月30日 (水) 14時17分

★ゆうこちん

ロンドンで戦国武士・・・。
それはかなりのインパクトね。
数年後笑うか、今笑われるか??
うーむ。

投稿: ゆきみ | 2008年7月30日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105032/41963025

この記事へのトラックバック一覧です: ダースベーダーねぇ。:

« Just 40 | トップページ | それはまるで希望のような七色の光 »