おままごと

2008年12月25日 (木)

手いらずパーティー

メリークリスマス!!

我が家の今年のクリスマスは

天皇誕生日に実家にて

わいわい。

母と「手いらずで行こう」と相談し

買出しは私が一手に引き受けました。

各スーパーのチラシを前に

これも食べたいあれも食べたい

と興奮する母。

母の指令の下、買い物リストを制覇すべく

デパート開店5分前にポールポジションを確保。

オープンと同時に地下にダッシュ。

まずは激戦と思われる丸鳥のローストをゲット。

続いてオードブル的サラダ。

刺身や手巻き寿司を物色するも

気に入った物がなくここではスルー。

限定品のケーキ売り場(長蛇の列!)を横目に

私はお目当ての高野の苺のシャンティを買いに。

ところが家族の大好きな定番メニューであるそれは置いてなく

「25日まではクリスマス専用の物しか置いてないんですよぉ」

という売り子さんに若干キレ

ケーキ売り場を一周するもとくにそれに代わる物もなく

結局さっきキレ気味だったのにも関わらず

また高野に行き、苺の普通っぽいのを購入。

(でもこの苺のケーキ「キューピット」はめちゃうまだった)

ここで両手が塞がった私はいったん荷物を車に積み

身軽になってまた戦場へ。

母がやたらと食べたがっていた「フォアグラのキッシュ」を求めに

いざ、FLOへ。

地下に降りてすぐにこのFLOにはお客がたまってる様子がなかったので

これは後回しでも大丈夫と余裕でいたのですが

この時点で10時半くらい、

「フォアグラのキッシュください」という私に、ななななんと

「もう終わっちゃいました」という店員。

は?

いや、ちょっと、「カレー屋ジョージ・クルーニー」のハヤシライスじゃないんだからそれはないでしょーーーーーー。

本当に終わったのか、まだ置いてなかったのかは謎だが

母イチオシの品がゲット出来ず

この時点で買い物リスト全制覇ならず。

がっくり。

しかし気落ちしている時間はない。

気を取り直して納豆巻きをゲット。(甥っ子の好物)

そして「ケーキは2種類食べたいの」という母のリクエストにお答えして

トップスのチョコレートケーキも入手。

デパ地下をここで後にし

刺身や手巻き寿司がリーズナブルで美味しいスーパーに行く。

この時点で11時。

駐車場はほどなくいっぱい。

最初からやや遠目のPに突っ込んで惣菜売り場にダッシュ。

やはり開店1時間もたつと商品が薄くなって来ている。

思った程の物はなかったけど妥協して盛り合わせなどを購入。

一応リストをここで再確認し

漏れがないかチェック。

うん。大丈夫。

やっとこれで私もパーティー会場入りだ。

両手いっぱいの食料を抱え

家族の待つ実家へ・・・。

というわけで

メリークリスマス!!

クリスマスって消費のお祭りね。

クリスマス商戦に踊らされっぱなしだけど

どうせなら踊らなくっちゃヽ(´▽`)/

普段食べられない色とりどりのお惣菜は

本当にどれもキレイで美味しくて

とても非日常を演出してくれました。

一年に一回は(いや何度でも)こういうのがいいなぁ。

クリスマス、ご馳走様でしたっ!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

陳さんの杏仁豆腐

『鼻は脳の入り口なのよ』

アロマにはまる母の言葉をさらりと聞き流していた私だったが、まさにそれを実感する出来事が・・・。

杏仁の香りを嗅いでいたら、ものすっごく杏仁が食べたくなった。

あ、こんなこと誰でもあることですよね。

先日も相方が、大好きなラーメン屋に行く途中にカレーの匂いを嗅いでしまい、カレー屋に行ってしまった。と言っていた。

匂いが脳を支配する。

で、この2日間、杏仁に支配された私の脳。

なぜ、杏仁?

それは、kiyuちゃんがくれたパンダマトリョーシカからほんのりなのに鮮明に優しいけど刺激的に香ってくるのです。

あぁ、杏仁豆腐が猛烈に食べたい!!!

そんなわけで、杏仁豆腐を作ることに。

市販のビニールパックにひし形にカットされフルーツやシロップと一緒になった杏仁豆腐はどうも好きじゃないの。

あのシロップがね、今ひとつ気に入らん。

で、前に友人が手作りでご馳走してくれた『聘珍樓』の杏仁豆腐を探して、作ろうと思ったのですが。

ない。

売ってない。

うーん。仕方あるまい。

スーパーで売ってた手作り杏仁豆腐はこれだけだったので、買ってみた。

068 『赤坂四川飯店』だよ。

陳健一だよ。

おいしそうじゃーん♪

早速作ってみる。るんるん。

出来た~。

071 もう、がっつり食べたい思いが先行。

ちまちましたかわいい器なんかまどろっこしい。

グラスにたっぷり。

私、満足。

で、お味はというと・・・。

ん?ちょっと甘いな。

香料は使ってないのに、きちんと杏仁の香りがしてこれはgoodなんだけど、砂糖甘さがちょっとお子様向きな感じ。

うーん。杏仁は聘珍樓の勝ちだなぁ。

陳さん、残念。

069

 

陳さん、もっと大人向け『杏仁豆腐の素』を作ってください。

でも、いい香りの杏仁豆腐を食し、満たされた私の脳。

ふんわりほわほわいい気持ち。

しかし花粉症のわりに、鼻が利くってどうよ。

振り向けばゴミ箱てんこ盛りの鼻紙(今の時分はティッシュというより鼻紙の方がしっくり)なのにね。

ふぇっくしょんっっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

梅雨の晴間

梅の雨とはよく言ったものです。

この時季、近所のスーパーには梅の特設販売コーナーが出来て

こんなゆるゆるな主婦でも、梅酒や梅干、梅シロップなどを作る気分に駆られます。

子供の頃、母はきちんとこの季節に梅干梅酒梅シロップを作っていて、よく梅の仕込みを手伝いました。

梅のへたを串でくりっと取ったり、梅の実にフォークで穴を開けたり。

大きなザルいっぱいの梅の実を前にして、手を動かしながら、おしゃべりするのが何より楽しかった。

小学生の頃は覚えたばかりの詩や歌を得意げに話し

中学生の頃は辛い部活の愚痴やちょっと気になる男の子の話だったり

高校生になると将来の夢や受験の不安を

母の目を見ず、梅の実に視線を集中させてのおしゃべりでした。

今思えば、梅の実が間にあるから話せること。

だったのかもしれないな・・・。

そして今日。

梅雨の晴間に、母が言いました。

「こんな日は梅を干さなくっちゃね」

そんな母の足元にも及ばない私は、梅シロップを作る気持ちに駆られてはいるものの、母や近所のおば様に美味しい梅シロップを頂けると踏んでいるため、作らないのでございます。えへへ。

で、先日早々に頂いた梅シロップで梅ゼリーを作りました。

Dscn0280

ちょうどモロゾフのプリンの空き容器があったので、それに梅をまるごとごろんと入れ、シロップゼリーを流し込んで作った簡単ゼリーです。

相方いわく、「この容器じゃちっちゃいよ。もっとゼリー食いたい」

なるほど。

とっても濃いエキスを内包した梅に、ゼリーが負けている!

というわけで、2回目はタッパーで、がっつり作りましたが、色気がなくてなんだかな~になってしまいました。

でも、今日みたいな暑い日は、ノドに冷たいゼリーが通ると

あぁ♪ここちいいわ~!ぷるんつるんとろん!!

色気より食い気。たくさん食べるにはタッパーが正解!!

梅雨の晴間。

気持ちのいい一日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

コタツ好きですが、何か?

今日から5月ですね。

そして今日は初夏の陽気。

いえ、初夏通り越して真夏の暑さでした。

メーデー参加の方々はさぞ汗をたくさん流したことでしょう。

へ?メーデーでしょ今日。

私とは無縁な活動ですが

カレンダーに書いてあるので多少は気になりますですはい。

今日の陽気は暑かったけれど

気持ちもよかった。

布団はほかほかになるし、洗濯物は早くしっかり乾くし。

漕ぐ自転車の風も爽快~♪

昼間は扇風機回したいくらいだったけど

実はうち、まだコタツ出てます。。。

スイッチは入れないけれど

なんとなく夜は足を入れたいんだよね。

ちょっと転寝するときも

上掛け代わりにコタツ布団がちょうどいいし。

今夜の相方は半そでのTシャツでコタツに IN。

夏なんだか冬なんだか???

でも、まだまだ肌寒い夜は来る。。。はず。

コタツ好きな私はなかなかコタツがしまえません。

明日は気温が下がるらしい。

コタツ君。まだ活躍する機会はあるからね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

咲きました!クリスマスローズ♪

dvc00133_m.JPG

現在ついた花は、ななんと10個!!

クリスマスローズ祭り開催中だよっ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月30日 (水)

年末突入

いよいよ、年末ですわね。

ずっと懸念事項だった税務書類を本日提出し

ものすごく清々しい私でございます。

11月中にやらねばならぬことを

とりあえず全クリア。

な~に、やればできる子なんですのよ。

でもね

私がやらなきゃならないことなんて

やらなくても誰も困らないことなのよね。

だが、私は私に課す。

絶対にやれ!と。

ゆるゆるした態度の裏で

虎視眈々やってやるぜと

握りこぶしを掲げてるのです。

でも。

誰も困らないし感謝もされない。

でもでも。

自分との戦いに勝つ(おおげさ)ということは

気持ちのいいものなのだ。

ビバ!不言実行。

エクセレント!有言実行。

もうホントにくだらない御託を並べたくなるほど

今日の税務書類提出が

嬉しかったのよぉぉぉぉぉ。

これで、いい年越しが出来そうだわ。

満足。

さて、来月から師走。

季節の変わり目ごとに毎回言ってるお片づけを

今回は盛大にやる予定。

もちろん大掃除のついでだけど。

これ、有言実行。

やるから、ゼッタイ。

と、自分に強く言い聞かせる私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

ポトフポトフポトフ

昨日、テレビでポトフでおもてなし~みたいなのをやっていて

そうねポトフの季節だわね

と、ぼやーっと観ていた。

用があったので実家に立ち寄ると、母がポトフを作っていた。

どう?食べてかない?

いいえ、食べていきません。

でもちょっと味見させてぇ。

はふはふはふ。

そこから頭の中はポトフポトフポトフ。

この日の夕飯はすでに決まっていたので、ポトフはおあずけ。

でも、ずっと口の中はポトフの味。

お風呂入っててもポトフ。

布団入ってもポトフ。

朝起きてすぐ、そういえば・・・ポトフ。

で。

お昼にポトフ作りました。

本日のランチはポトフと厚切りトースト。

相方には冷凍えびピラフ(相方の好物)をつけて。

で。

夕飯もポトフを食べました。

相方にはモッツァレラチーズをトッピングして。

で。

明日も食べるよポトフ。

だってまだ鍋に半分残ってるんだもん。

食べたい気持ち最上級で作ると、おい何人で食うんだよっていうくらい作ってしまうんだな、これが。

ふたりです。

ふたりで食べます。

多分明日からはひとりです。

いいのっ!

食べたくて作ったんだからっ!

なんとなく部屋中にポトフ臭が・・・。

今宵はポトフの香りに包まれて。

私なんだかポトフの中のソーセージ気分。

ぱっつり加減もまさにそれ!

って誰がぱりっとジューシーやねん。

と、ひとりPCで遊ぶ秋の夜長・・・。

早くお風呂入って寝なさいよ。

はい。そうします。ちゃぽん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

秋仕度

今朝は寒くて目が覚めたので、さすがにそろそろしっかり秋の仕度をしなければなりませんね。

タオルケットプラス軽い布団や、外出する時の羽織るものや。

エアコンの乾燥と掃除も忘れずに。

10月からは衣替えだし・・・。

この間、夏物出した気がするんだけど、もう冬物ですって。

はあ。

ベランダの花も少し整理して秋の花にしたいしなあ。

なんてのんびりしてるとコスモスも終わっちゃうよね。

扇風機はまだ使いそうだからしまわないでおこう。

サンダルも便利だから出しておこう。

冷たいお茶もまだ飲むから作っておこう。

この季節、夏の名残と冬の兆しが入り混じって、なんだか落ち着かないのよね。

でも、そこが好き。

朝の澄んだ空気や、昼の汗ばむ陽気や、夕暮れの早さや、月の明るさが、このほんの短い秋にだけ感じられる絶妙さ。

冬仕度の前の秋仕度。

しっかり秋を感じながら、準備を楽しみたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

マンゴー便り

050901_170429_ed.jpg

↑の写真はマンゴーの芽です。

芽というにはすでにデカイが。

夏の盛りに毎年、沖縄のいとこから本場沖縄マンゴーが送られてくる。

このマンゴーがもうめちゃくちゃに美味しいのだ!!!

沖縄の太陽を吸い尽くしたような濃いオレンジ色の果実。

オレンジ色なんてマンゴーに失礼だよね。

これこそまさにマンゴー色!

今マンゴープリンブームだけど、本当に美味しいマンゴーを食べたらプリンにしようなんて考えないよ~。

もう、喉がこくこく鳴っちゃうの。

濃厚で甘くて爽やかな酸味がちらっと通り抜けて果実のジュースがだくだくって口に広がるの。

あー思い出しらパブロフ状態。わんっ。

で、去年あまりの感動にその種を植えてみた。

それが↑。

マンゴーの美味しさに敬意を表したくて、マンゴーの芽がどんななのか見てみたくて、あわよくばマンゴーが実らないかな~と無茶を承知で、去年植えたのだ。

1年でこの成長。

ってどうなの?

いけてるの?

でも、いけてなくてもいいんだ~。

だってもうかわいいんだもん♪

充分観葉植物としていい存在感だもん。

今年も活き活き元気がよくてご満悦の私。

そして今年もマンゴーはやってきた!

今年は不作だと言ってたけど、とーんでもない!やっぱりめちゃめちゃ美味しかったよ~。

いつも美味しいマンゴーを送ってくれるいとこに感謝♪

送られてくるのは美味しいマンゴーだけど、実は「至福のひととき」という贈り物なのだ。

沖縄マンゴーは沖縄の太陽と海と心意気の味。

いやいや、理屈ぬきにただひと言。

うまいっ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年8月27日 (土)

口中調味

最近は『口中調味」が出来ないお子様が多いそうで。

「口中調味」とは、読んで字の如くです。

口の中で味を調和すること。

焼肉を頬張ると、

「ご飯欲しい~」

と思うその感覚がまさにそれ。

マイベスト口中調味は豚のしょうが焼き&ご飯&たくあんですね。

この3つのハーモニーですよ。

口の中がパラダイスですよ。

もぐもぐごっくんですよ。

で、最近のお子様事情。

「ばっかり食べ」なんだそうで。

「ばっかり食べ」とは「口中調味」のいわゆる反対語。

豚のしょうが焼きばっかりを食べ、それが食べ終わると今度はご飯ばっかりを食べ、それが終わると今度はたくあん。

そういう具合らしい。

ま、私もテレビの請け売りなんだけどね。

最近の家庭の食事は全体的に薄味傾向なんだそうだ。

お子様達の言い分としては、

「味が混ざるとまずくなる。だから別々に食べるんだ」

ということらしいが、その味覚って大丈夫なのか?

その昔は、おかずというものはしっかり濃い味だったという。

鮭はしっかり塩がきき、味噌も保存がきくように塩気は強かった。漬物ももちろん保存を考え塩分多め。

だからこそ、ご飯がすすむおかずだったわけで。

口の中でおかずとご飯が調和する。

それは和食の文化なんだそうだ。

確かに給食でご飯の時に牛乳だと、

「合わないよ~。」

なんて言ってた私らの頃は、まだみんな和食文化は保たれていたのだな~と思う。

今の「ばっかり食べ」世代には、ご飯に牛乳も別々に口に入れるわけだから、大丈夫なんだろうな。

こういう現象って、不思議だよね。

突然わーっと湧き出てきて、その世代に蔓延していくんだもんね。

流行とはまた違うでしょ。

家庭料理の薄味化が原因と言われているけど、そんなことは家庭それぞれの好みや事情なのにね。

それにしても、「ばっかり食べ」を定着させた我が子を、なんとも思わないのでしょうかね。親御さんは。

和食文化を守っていきましょうよ。

な~んて、子なし37女の勝手な言い分・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧