DVD

2008年6月27日 (金)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

なんて素敵なタイトルでしょう。

 

イカシタ題名で過激でドラマチックでかつ演劇的でファンキーだなんて

『満点大笑いで~す』ですよ。

この小説はそんなわけで、舞台でもあって、映画化もされていて。

舞台が観れなかったのは大変残念ですが、映画ならTSUTAYAへGO!だとばかりに速攻拝見したしました。

いやーーーーーーー。すご。

サトエリすご。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ オリジナル・サウンド・トラック 

尋常じゃないスタイルの良さ。

そして狂気。

やるね。やるよ。サトエリ。

自分は特別な人間だと思いこんでいる主人公の『特別』と思いたくなる外見をきちんと寸分違わず持ち合わせてる説得力!!

そして救いようがない性格の悪さを見事に表現。

私は啖呵が切れる女優が好きなんだけど、サトエリの啖呵、素敵でした。

そしてサトエリの妹役だった佐津川愛美も実によかった。

きっと小説、舞台、映画とそれぞれ内容は同じでもテイストは違うんだろうなぁ。とするならば、視覚要素の強い映画では、このキャスティングはとても効果的でした。

だいたい小説が気に入ると、ドラマ化や映画化されたものを観ても

「ふん。小説の半分も表現出来てない。」と感じることが多々なのだが、

今回は私の脳内で繰り広げられていた小説世界が

そのまま映像になっていて、快感でありました。

ラストシーンに関しては、かなり違っていたのですが

「これはこれ。あれはあれ。」と思える創りで、それもまたよしかなと。

となると、3次元での表現である舞台が観たかった。あぁ観たかった。

本谷有希子、ノーマークだったかんなぁ。

ていうか、最近舞台観てないもんなぁ。舞台ってチケット高いかんなぁ。てか、東京って遠いんだもんなぁ。。。。。。。。人多いし。。。行ってねーなー東京。。。。。

タイトルに偽りなし。

久々にタイトル負けしない立派な作品でした。

たいしたこと書いてないっす。でも一応・・・ここも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

逃避の寄り道

このところ近所のTSUTAYAで半額レンタルをよくやっているので、せっかくだからといくつかDVDを借りて鑑賞してみた。

その中のひとつに余韻を残す物件ありんす。

ありんす??

  

  

  

  

  

  

さくらん 特別版 

これでありんすーーーーー。

 

 

いやー好きなんだよねぇ。

遊女物。

名取裕子&二ノ宮さよ子の『吉原炎上』以来

郭が舞台だとテンション上がるんだよね。

で、この作品。

監督が蜷川実花で原作が安野モヨコってこともあって

女性目線の映像展開。

色使いや小道具等のモチーフ感覚が

まさにドストライクでありんした。

キャストも女性好みだよねぇ。

多分、多分だよ、多分だけどあの土屋アンナの花魁に

男の人は萌えないと思うのでありんす。

でも女性はかなりの割合で『グッ』と来るかと。

いいよね。アンナ。なんだろうね。アンナ。

私は『下妻物語』のアンナも大好きだし。

自分に合った役しかやらないところがいいんだろうね。

全てを食う存在感に惚れ惚れしました。

   

あ、あと、初めて市川左団次をいいと思った。(←偉そうに何様だ!)

  

 

そして忘れてはならないのが

椎名林檎の音楽世界感。

やっぱり林檎は天才ですな。

  

  

  

ラストシーン、一面の菜の花と永遠に続くような桜並木に吸い込まれていく清葉と清次にうっとり。

思考だけしか逃避出来ない私には

全てから逃避出来る二人が

たとえ映画の中とは言え

羨ましくて羨ましくて

涙がこぼれたのでありんした。 

 

 

  

  

  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年6月13日 (火)

チャリチョコ

世の中は国民的スポーツ観戦に夢中のようですが

私はやっとこさ、鑑賞することが出来ました。

「チャーリーとチョコレート工場」byティム・バートン

原作を読んだときから、映画が楽しみで仕方なかったのになんでか劇場に行かず終い。

DVDレンタル開始を虎視眈々と待ち

さらに、1weekレンタルになるのを待ち

さらに、半額セールになるのを待ったため、今時分になってしまいました。

いや~、出っ歯になってもジョニーはカッコいいね。

顔の良し悪しに出っ歯は関係ないのかしら。

ロナウジーニョも出っ歯じゃなきゃ、かなりいい顔なんじゃ

と思ってたけど、あれ、出っ歯だからいいのかも。

最近出っ歯キャラ、目白押しだな。

さんまでしょ、ロンブーあつしでしょ、原口でしょ・・・

あ、あれは付け歯か。でも付けなくてもちょっと出てないかい?

みんなお笑いだけど、可愛げのあるいい顔だと思うわ。

何の話?

チャリチョコよ、チャリチョコ。

原作は、ジョニー演じるワンカさんがもっと高齢なイメージなんだけど

そんなに違和感はなかったね。

ワンカさんとお父さんのエピソードも、若いジョニーだから生きていたし。

楽しみにしていたのは、チャーリーの4人の祖父母のシーン。

1つのベッドに4人が寝るんだよね。

チャーリーが4人の祖父母と両親に、1枚のチョコレートを分けるシーンは

暖かくてほろり。

私は工場のシーンより、貧乏屋敷の家族のシーンの方が好き。

でも工場も、良く出来てた。原作のイメージ通り。

ウンパルンパの歌なんてどうやるのかと思ったけど

どの曲も楽しくて面白くて何気にいい曲だったし。

秀逸なのはやっぱりリス♪かわいくてかわいくて。

どこをどう観ても、原作を大事にしていてとてもティム・バートンの誠実さが伺いしれたよ。

しかし、少しだけ東京が出てくるんだけど、

どうしてハリウッドを通すと中国みたいになっちゃうの?

ハリウッドが作るリアル東京はいつになったら拝めるのだろうか。

渡辺謙とか桃井かおりに、その辺頑張っていただきたいところである。

久しぶりのDVD鑑賞。

あわせて「プリズン・ブレイク」も観た。

なかなか面白い。

半額の日にまた行こうぞ。

どんなに観たくても半額以外では借りない、こづかい制専業主婦の私なのであーる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)